Dimple ☆Andy

dimpleandy.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

d0099076_21142534.jpg
いよいよあと3時間で2006年も終わりです。あっという間でしたが、とても内容の濃い一年でした。エンディさんの生のステージを何度も見られて幸せでした。4月のMnet開局コンサートを皮切りに、ソウル、釜山、武道館、大阪城ホールと続き、そして楽しいファンミで締め括り。日本公式ファンクラブも出来たし、エンディファンサイトも出来ました。ずうっとやりたくて、でもなんとなく躊躇していたブログもこうやってはじめることが出来、訪ねてくださるゲストさんにも恵まれて、ますますエンディが好きになった一年でもありました。
この人の好きなところはたーくさんあるのですが、もう存在してくれているというだけで充分幸せなところまで、最近は来つつあります。
来る2007年はさっそくエンディさんのセンイルから始まります。彼と神話とそして多くのペンの皆様にも喜びの多い一年になりますように。
そして、世界から戦争がなくなりますように。
[PR]
by dimpleandy | 2006-12-31 21:23 | エンディ’s SPIRIT
d0099076_0534342.jpg
年末だからと言って正月まで放っておくのは嫌だし、かと言って書き出したら時間はかかるし。
実は何に一番時間がかかるかというと、数多あるエンディの画像の中から今日はどれを使おうと思案しているうちに、「あーこれもいいわぁ」「いや、こっちもいいわぁ」とちっとも進まないから。何度見ても全く飽きません。で、書きかけで非公開の分もあったりするのですが、それは後日ちゃんとアップするとして、今日はもうこれ1枚。私のブログにしては珍しく最新のエンディ王子(笑)。「Andy the Best」さんからお借りしてきました。ニュース写真です。今日の「SBS歌謡大典」での授賞式の一コマ。どうやらプレゼンターのようですが、これよ、これ(笑)。もう上から下まで完全直球ストライクの「私の好みスーツ姿」です。この人センスがいいから、ちゃんと着こなすんですよね。小柄なのに、思いっきりかっこいいです。あーとろけるわー。こうしてみると、すっかりオトナのオトコなのねぇ。って、来年はかぞえで27歳。皆さん、センイルのカードは出来ましたか?

さ、もっと近づいてみよー
[PR]
by dimpleandy | 2006-12-30 01:00 | エンディのBODY

難攻不落

d0099076_1234529.jpg
やれコンサートだペンミだと、忙しさにかまけて録画しっ放しのHDD。そろそろ整理しないと大変なことになる、と寝る間も惜しんで連夜エンディ鑑賞に精を出だしています。主にプラハとリアルロマンス。ドラマの話は後日に回すとして、こうやってまとめてラブレターを見ていると、こちらの目も慣れてきて、いろんなことに気付かされます。エンディさん自身、回を重ねるたびに堂々として、それなりに(笑)存在感が出てきました。エンディペンなら誰もが思う「もうちょっと目立ちませんか?エンディさん...」な展開が減ってきたのです。ハートダンスは彼の十八番として定着しましたし、ゲームにおける運動神経の良さも浸透してきました。そんな中、いつも不思議に思うことがあります。エンディさんの「女性に対する意外な頑固さ」と言いましょうか?この番組は女性側からアプローチするケースが結構ありますが、とても可愛いタレントさんにプロポーズされても「ごめんなさい」と断るケースが意外に多いのです。あれは何故なんでしょう?彼なりの基準が何かあるのでしょうか?
おとなしめの清楚な感じの女優さんでもノー、最初からエンディさん狙いの積極的な人もダメ。他の男性歌手やタレントさんが割りと守備範囲が広いのに比べて、エンディさんは確たる好みでもあるのか(笑)興味のない女性には実にクールです。綺麗な女性だったら誰でも歓迎、のような乗りは全くないですね。可愛い顔に似合わず、なかなか手強い人のようです。
[PR]
by dimpleandy | 2006-12-26 02:50 | エンディの不思議

花のように美しい...

d0099076_0385275.jpg
10年以上昔、大阪市北区の某所に、とても素敵なtea roomがありました。シックなレンガ造りの建物の2階。紅茶の専門店でした。その店の隣りのビルに音楽事務所があり、別件で訪れた際にその店を知りました。私はコーヒー党なのでそれまで紅茶専門店をあまり知らなかったのですが、いっぺんでそこが好きになりました。使いこまれた木の机、壁にいっぱい並んだ紅茶の空き缶。古いイギリスのポスター。そして店中に満ちたロイヤルミルクティーの甘い香り。何度か友人たちと通ううちに一人で行きたくなり、待ち合わせに使う時も一足先に来て待っていることも多くなりました。一番のねらい目は土曜の朝でした。店の中はまだ客が少なくポツリポツリ。一番奥の大きな丸いテーブルは表通りに面していて、見下ろすと街行く人が見えました。いつしかそこが自分の定位置になり、私はそこでよく下手くそな小説を書いたりしていましたが、ある時素晴らしい瞬間に出会えました。そのテーブルにのみとても大きな花瓶が置いてあって、そこにはたくさんの花が挿されていたのですが、そのお花の交換の瞬間を見たのです。朝11時頃にその席に座れるのは土曜だけだったので他の曜日はわかりませんが、花瓶の花を入れ替えてそこに置いてくれるのはいつも決まって、静かな雰囲気の青年でした。その瞬間を狙って店に行ったこともあります。花と青年はとても似合っていました。私は彼をモデルに物語を書きました。
人気歌謡で花束を持つエンディさんを見るたび、彼を思い出します。

X'masとは全然関係のない話になってしまいましたね(笑)
[PR]
by dimpleandy | 2006-12-24 00:25 | エンディの顔

猫の手も借りたい

何なんでしょうね、この忙しさ。
12月って、子供の頃はすごく好きだったんですが、今はもう避けて通りたい(笑)。全然時間が足りません。このブログも、旅行でない限り絶対毎日更新するぞと誓ってたのに、あえなく飛び飛び。悔しいです。
ところで、私は無類の猫好き。
d0099076_245787.jpg
今は飼っていませんが、ずっと飼っていました。いつもオスなんですが(笑)。最近は日本一のニャンドル【はっちゃん】にくびったけ。結構好きなんですよ、このはっちゃんという名前が。「ジュジュ」とかそういうおっしゃれーな名前でなくてほんとに良かったと思います。

猫と言えば...(笑)
[PR]
by dimpleandy | 2006-12-22 02:54 | エンディの顔

控え室ジュセヨ

これが昨日書いた「万ウォン」で映ったエンディさんの寝姿です。これだけだとわかりにくいですが、かなり広い部屋の片隅でした。暖房は充分に効いているのでしょうか?これでは風邪をひくなという方が無理です。トップアイドルの姿とは思えません。いつも思うのですが、バラエティの場合、控え室はないのでしょうか?
d0099076_055172.jpg
そういえば先日、日本のある俳優さんが、台湾で仕事をした時のカルチャーショックの数々を紹介していました。まず、記者会見に記者が平気で遅れてやってきて、遅れた記者が入ってくるたび同じ質問をされ、それでもニコニコ答えなければ、マスコミから叩かれる。俳優より記者の地位の方が高い。主役もちょい役も同じ大部屋に詰め込み。撮影当日に中止や延期が決定されるなどザラ。というものです。そうしてみると、日本はさすがにきちんとしていますね。アジア進出をはかったものの、その劣悪な環境に閉口して出演をとりやめた日本のスターは結構いるそうです。

似たような光景を前にも見ました
[PR]
by dimpleandy | 2006-12-18 23:41 | エンディの不思議

風邪は万病の元

韓国のエンターティメントに関心を持つようになって驚いたことは、大きく分けて二つありました。一つはスケジュール等に関するいい加減さ。ケンチャナ精神とでも言いましょうか。予定通り物事の運ばないことの多さには何度振り回されても慣れません。特にきっちりしすぎているような日本人には、ストレスがたまります。このことは書き出したら一回では済まないので(笑)、またいつか語るとして、もう一つは怪我や病気の多いこと。シナが特にそうなのかと思っていましたが、そうでもないようですね。ドラマ撮影中に倒れる俳優さん数知れず。撮影中の事故も珍しくない。体調を崩して入院する歌手も後を絶たず。すべてそれは過密なスケジュールから発生しています。睡眠時間毎日2時間で一ヶ月ドラマを撮り続けた、などと聞くと唖然とします。そのうえ驚くのは、治りきらないうちに現場に復帰する人がほとんどで、それが「闘魂を見せた」と称賛されることです。闘魂って、○木じゃあるまいし...。文字通りタフな人じゃないと残っていけないのですね。私たちのエンディさんも例外ではありません。ジンちゃんが急性肺炎で入院したばかりですが、あの出演番組の異常な多さって...。
d0099076_23321027.jpgエンディさんはバラエティ中心でレギュラーをいくつも持っていますが、深夜に及ぶハードな収録、事故に繋がりかねないゲームなど、ハラハラしっぱなしです。ジニが出演した「万ウォンの幸せ」を(エンディさんが映った部分だけ)見ましたが、どこかのスタジオの隅のベンチでエンディさんがコートにすっぽりくるまって寝ていました。ジニが起こそうとして体を揺すってもなかなか起きない。「エンディや、何か食べに行こう」と言うと、ガバッっと起きました(笑)。この時、起きぬけのエンディさん、ひとしきり咳とくしゃみの連発...。ほんと頼みますよエンディさん。去年は大きな怪我に泣いたから、今年こそ無事に年末を乗り切ってくださいね。
[PR]
by dimpleandy | 2006-12-17 23:37 | エンディのBODY

1/6の夢

来年のエンディセンイルに向かって、今かつてない盛り上がりを見せているエンディペンさんたち。今年の動きは特筆すべきものがあると思います。私のブログは始めたばかりですし、こちらにお見えの方でHONEY☆SCOPEとANDY since1981の存在を知らない方はいないと思うので敢えて書いてはいませんが、この二つのブログの管理人さんを中心に、今着々とセンイル企画がすすんでいるようです。
d0099076_091661.jpg
他のメンバーでは当たり前のようなことでも、エンディペンにとっては夢のまた夢でした。ラップ組という脇役的存在。まんねという位置。加えて決してヒョンたちの前に出ようとしない本人の節度、本人に負けず劣らずおとなしいファン(苦笑)。それらが相まって、彼は過小評価され続けて来ました。マスコミやテレビ局の扱いは不当とも言えるもので、某局アナに「5人組」と言われてみたり、一人だけインタビュー記事がなかったり...。ファンが特に落ち込むのは、神話の特集番組を見ていて、一人だけ異様に時間が短い時です。6人が順に映っていき、次だと思った瞬間番組が終わったりすると、凹んだ気持ちの持って行き場に困りました。なんだよー、エンディちゃんだってすごいスケジュールで一生懸命仕事してるのに、ちゃんと放送してよーと、何度思ったことでしょう。せめて、6人を同じ土俵に上げてくれ、と心の奥で涙する経験は何度もありました。見ている私たちでさえそう思うのだから、現場で仕事をしている本人はもっと感じることがあったでしょう。しかし、いつも控えめでクサッた表情などしたことがなく、ニコニコ笑っている。そんな彼にやっと陽が当たる時が来たのだと思います。
[PR]
by dimpleandy | 2006-12-15 23:58 | エンディ’s SPIRIT

品性

d0099076_0492666.jpg
エンディさんを見ていていつも思うのは、とても品性が良いということです。一般的に、育ちが良いという表現はよく使われますが、これは家が豊かとか貧しいとかは関係ありません。裕福なお家の出身の人は相対的に立ち居振る舞いがおっとりしているのでそう見えますが(代表:エリック兄)、家がお金持ちでなくても極めて上品な人はもちろんいます。外見的には着ている物が常に清潔でこざっぱりしていて、髪は艶があること。きちんと挨拶が出来て「俺が、俺が」ではないこと。で、一番「正体見たり」という感じになってしまうのは、ご飯の食べ方だと思います。その昔、香港の俳優さんにはまっていたので香港映画をよく見ました。同じアジアでも韓国映画とはまたガラッと趣が違い、スピーディーで楽しいものがたくさんありましたが、唯一私が苦手だなぁと思ったのは食事シーンでした。小さなお茶碗にご飯をいれ、抱えるように持って、ぶっかけのような感じでかきこむのです。コメディでなくても。多分あれが普通の食べ方だと思うので私がとやかく言うことではないけれど、「がさつ」という表現がぴったりくる食べ方でした。一方、「冬のソナタ」で初めて韓国の食事シーンをじっくり見た時、意外にもゆっくりとスッカラを口に運んでいたので驚きました。まぁ、あれはかなりハイソな主人公だったので、庶民生活とはちょっと違いますが(汗)。
さて、先日Mnetでシンガポールのエンディさん密着を見た時、彼は空港でカップヌードルを食べていました。そのまま食べずに、わざわざ麺を小さなお碗に移して食べていたのが印象的でした。猫舌なのでしょうか?ごく普通の仕種なのに、食べ方がとても綺麗なのです。また、ある時はビビンパと苺を食べるエンディさんの映像を見ましたが、とてもおいしそうに、そして尚且つ反則級の可愛らしさで(笑)食べていました。確かエンディさんにはおばあちゃまがいらっしゃったと思いますが、おばあちゃまの躾でしょうか?こういう品性は、お金では得られない財産だと思います。
[PR]
by dimpleandy | 2006-12-13 23:12 | エンディ’s SPIRIT

今年一番...

振り返るにはまだ早いけど

今年はエンディペンとしては最高にいい状態のエンディさんを見れたと思う。

中でも....

今年一番エンディを綺麗だと思った瞬間
[PR]
by dimpleandy | 2006-12-11 23:56 | エンディの顔

Andyは心のオアシス


by dimpleandy