Dimple ☆Andy

dimpleandy.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

d0099076_1295813.jpg
                                       (写真出処:日刊京畿)
京畿道の観光大使になったエンディさん。明日から(って、もう今日ですが)サイト公開ですね。今日は時間がないので更新はやめようと思ってたんですが、いやぁ、この写真を見たらじっとしていられなくなって...。大好きな髪型です。テンション上がる~。パリもいいけど母国もね。カメラマンが日本の方なので、興味津津。(カップ大きいなぁと思ったら、エンディさんの手も大きい)
[PR]
by dimpleandy | 2009-07-30 01:39 | エンディニュース

素顔

d0099076_1403492.jpg

待ちに待ったAndy in Pariの放送が始まりました。ドラマやバラエティもいいけれど、こういう番組をもっと企画してほしいです、韓国のテレビ関係者様。それとも、番組はあるけれど日本の衛星放送が買わないのかしら??ともかく、Mnetさんありがとう!これもファンクラブがMnetだからでしょうか?
もうもう、どの場面も素敵で...。ご本人はアメリカ育ちですが、ヨーロッパが実によく似合います。お祭りの街中では少々はにかんだ様子でしたが、すぐになじみましたね。レストランで、フォアグラを初めて食べたと言ったのが意外でした。韓国の青年がフランス料理に触れることなんてあまりないのかもしれませんね。俳優さんならまだしもアイドルは。
作家のベルナール・ウェルベル氏のアトリエを訪問し、氏に「君はジョニー・デップに似ている」と言われ驚くエンディ。確かにこの感じはそう見えなくもない(ファンの欲目・笑)。で、エンディにプレゼントされたCDを見て、いかにもアイドルな中の写真に「えっ、これも君?」とびっくりしたベルナール氏には受けました。普段のエンディは年相応の「雰囲気のある人」ですもんね。あまりにもギャップが...
[PR]
by dimpleandy | 2009-07-21 02:08 | エンディの顔
d0099076_0561851.jpg
こんなにずるずる引っ張るつもりはなかったんですが、昨夜はあまりに眠くて途中で挫折してしまいました。
今回夜の部の方が参加者が多かったので、夜はどんな感じだったのかなぁと興味津々であちこち探してみました。エンディさんのシャツがよりカジュアルになっていて(笑)、もしかしたら私たちにドレスコードがかかってたなんて全然知らなかったのかも?

さて、2部はクッキーを焼くエンディさんの映像から始まりました。この時のTシャツがとっても素敵。みんなにプレゼントしてくれるクッキーを自ら焼いているという説明ですが、その手順を見ていると、全員の分を焼くには10日ほどかかるんじゃ...?という感じで(笑)。タネをこねるまでは良かったんです。エンディさんは料理が苦手なわけではないし。ところが、その後が...平たく広げて型で抜けばいいのに、一個ずつ丸めていくんです。チョコチップを混ぜながら。チョコチップも最初から混ぜときゃいいんですよね。作り方は自分で考えたのかしら?やっと一個出来てそれを袋に入れてかわいいシールを貼る...という具合。かったるいのなんの(笑)。お姫様のおままごとみたいでした。こりゃあ、実際に彼が作ったお宝クッキーが当たった人は超ラッキーだわと思いましたが、エンディさんは「形が崩れてしまったものもあります。ごめんなさい」とずっと言ってました。いい人だ。そして、パーティーの目玉企画の一つだった「エンディさんがあなたの名前を呼んでくれます」がここでやっと姿を現すことに。一人ずつエンディさんに名前を呼んでもらってクッキーとサイン入り写真をもらうのです。握手付き。いつものごとく、私はエンディさんをガン見できませんでした。すごい笑顔だっことだけしか憶えていない...トホホ。そのくせ私の後ろの友人の時、彼女の名前が発音しにくかったのか「〇〇〇〇さん」と呼んだ後で、呟くようにもう一度「〇〇〇〇さん」と呼んだのには気づきました。めちゃくちゃ可愛かったです。冷静な友人は自分で気づいたようで、喜んでいました。そうそう、頂いた写真にはちゃんとファンの名前もアルファベットで書いてくれてあったのです。これは感激ですよ。結構大変ですから。
クッキーをもらった後はそのまま写真撮影コーナーに並んで8人ずつのグループ写真。あらかじめエンディさんの立つ位置が決められていて、私たちは番号順に並ぶのです。これはとても良かったと思います。こうすることで、押しの強い人がエンディの隣に立つということになりがちな習慣から解放され、引っ込み思案の人にもチャンスが与えられたわけですから。スタッフさん、グッジョブ。エンディさんは段々興が乗ってきて、両側のファンの肩に手を回したりするようになり、いかにもスターという感じでした。成長しました、ぐんと。この写真は後で送られてくるのでしょうか?舞い上がっていて聞き忘れました(笑)
これで拙いレポートは終わりです。よくしゃべりよくしゃべり(笑)、本当に楽しそうなエンディさんでした。10月まで(!)撮影の続くドラマと並行しての音楽活動、どうか体を壊さず、夢を実現していってほしいと思います。
[PR]
by dimpleandy | 2009-07-02 01:41 | エンディ’s SPIRIT
d0099076_2342220.jpg
続きに入る前に補足を。ウェスティンの食事ですが(そっちかい)、お肉の横に添えられていたポテトはすごくおいしかったです。エンディさんは私たちが食事をしていた会場の隣の部屋で同じものを食べていたとかで「一緒に食べると、皆さんが僕ばかり見て食事が全然進まないでしょ?」と。確かにその通りです(私は食べるけど)。でも、そう自分で言いながら「自分の言葉に冷汗が出ます」と思いっきり恥ずかしがっていたエンディさん。いいなぁ。

クイズの次はちゃんとした(爆)一品もののプレゼント抽選で、品物はウギョルの時に着ていたパジャマ。なんと女性ものだそうです。ソルビさんと一緒に買ったものなのにいいんですか?という古家さんの問いに、「ええ、もう離婚しましたから大丈夫です」とあっさり(笑)。当たった方は前にも当たったことがあると話していました。強運の持ち主。
次にミュージック・イン・マイ・ハートの曲を歌う段になって、「せっかくだから会場からお一人選びましょう」と。当たった方はかなり熱心なファンの方のようでした。「空港にもミュージカルにも来てくださってますよね?」ファンの顔はすぐに憶えるようです。嬉しいような怖いような...
最後にラブソングを歌って第一部終了。久しぶりの歌唱で、ところどころ怪しい音程のところもありましたが、そこはご愛敬。ともかくファンミーティングにふさわしく、ずっとしゃべりっぱなしのエンディさん。くるくる目まぐるしく変わる表情。「何か一言話してくれないかなぁ」と悔しい思いをした昔の彼と、どう見ても同じ人とは思えませんでした。

さぁいよいよ第二部です。
[PR]
by dimpleandy | 2009-07-01 02:59 | エンディ’s SPIRIT

Andyは心のオアシス


by dimpleandy