Dimple ☆Andy

dimpleandy.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

暑気払い 1

代表的シナチャンジョ...より美人...
d0099076_321058.jpg
神話放送で、一度女装を競ってもらいたい。おちゃらけでなく。
色白で肌が綺麗だからとてもよく似合うが、手が「男っぽさ」を表してしまう。

※ミヌさんとのツーショット写真を探していたのに、途中で懐かしい写真にいっぱい出逢ってしまい、しばし中断(笑)
最近ファンになられた方へのプレゼント。
[PR]
by dimpleandy | 2012-07-29 03:27 | エンディの顔

安眠へのお誘い♪

毎日暑いですね。寝苦しくてたまらないとおっしゃるあなたに、安眠剤をお裾分けしましょう。ますます目が冴えて眠れない?ハハ。
d0099076_2102822.jpg
こういうタンク姿はどちらかというと珍しいですね。

2PMのメンバーが飲酒運転をやらかして、本国のCMからははずされたし、NHKのハングル講座も2PM分は当分中止だそうです。馬鹿ですね~。しかし、他人事ではないです。エンディがティンタプをプロデュースするようになって以来、こういうニュースはとても気になります。若い子を一人前にするのって、ほんとに難しい。「礼儀作法を教えている時の社長はとても怖い」とティンタプのメンバーが話していましたが、そう、そのくらいで丁度いいんです。
[PR]
by dimpleandy | 2012-07-26 02:18 | エンディのBODY
今回、この項を書くにあたり、ふとポシャってしまった最初のツアーの特典はいったいどんなものだったのかと気になり、ネットで検索してみました。そして、今落ち着いて見てみると大してすごい特典でもなく、なぜあんなに飛びついたのか?自分でも少し不思議です。一つ言えるのは、当時のシナは韓国では今より凄い人気だったかもしれないけれど、10集が出るまで活躍するなどと誰にも予想出来なかったし、常に、今回が最後かも?という漠然とした不安があったのは確かです。行ける時に行っとかなくちゃという強迫観念みたいなものがありました。そういう観点で見れば、来年がある今はシナペンにとって素晴らしく幸せなことだと思います。

さて、そのファンミーティング。とにかく開催されるまで、葛藤が多く難産ではありましたが、その日が迫ってくるとやはりいつものようにわくわくして準備に取り掛かっていました。そんな矢先のエンディの怪我。おまけに骨折。仕事を終えて自宅前で車から降りる際にすべったそうで、その時は「あいたっ!」くらいで歩いて部屋に戻ったそうですが、翌朝あまりの痛さに起き上がれず、マネージャーが駆け付けて病院へ。診断は「尾骨骨折」。そのまま入院になりました。尾骨とは、文字通り動物なら尾っぽの生えるところ。お尻のあたりの骨です。この怪我で「プラハの恋人」の打ち上げパーティーに参加出来ず、ほとんど絡みのなかったチョン・ドヨンさんが「パーティーでお会いしたかったのに残念」というコメントを寄せて下さいました。最終回に穴をあけることもなく、パーティーにだけ参加出来ない。いかにも律義なエンディらしい...。MCを務めていた人気歌謡でも、新しいパートナーを迎えてのソロコーナーを設けてもらっていたはずが、それも中止。私は泣きたい気持ちになりました。ファンミまであと10日で治るわけもなく、エンディに会えない自分が悲しいというよりも、こんな時に怪我をしてしまうエンディの運の無さを思ってたまらなく切なかったのです。
エンディの骨折が公式に発表されてすぐに、旅行社から電話がかかって来ました。「エンディさんのファンですか?」「はい、エンディペンです」あっ、という絶句のような声が聞こえ、相手は気の毒そうに、「エンディさんは参加できそうにありません。もし旅行をおやめになるのならキャンセル料無しでお受けします」とのこと。どうやら全員にそうやって確認してくれていたようです。そう言ってくれるのは有難かったけれど、今更気持ちの持って行きようがなかったし、もしかしたら這ってでもエンディは来るのではないか?と思う気持ちが私の中にありました。
全くテンションの上がらないまま当日が来ました。こじんまりとまとまったツアーは夏の時と違い、それなりに落ち着いていました。ファンミーティングを控えた日の朝、招集がかかり、ファンミの段取り説明と抽選が行われました。参加者全員が抽選をして、メンバー誰かのサイン入りグッズがもらえるというもので、私はエリックのサイン色紙をひきあてました。そして、ビッグサプライズとして、そのサイングッズはすべて本人からもらえるということが発表されると、会場のテンションは一気にアップしました。夜のファンミまでの間に大慌てでプレゼントの調達に走る人もたくさんいました。エンディ、なんでここにいないの?と私は益々凹みました。
そして、夜が来て...予想通りエンディはやって来ました!お医者さんと看護師さんが一緒に付き添って来ていたそうです。後日放送された映像では杖をついていましたが、ファンミに登場した時は、杖なしでそろりそろりと歩いていました。最初の挨拶の間10分ほど会場にいて、ここまでで限界だからと病院に帰っていきました。たったそれだけのために来てくれたんだと思うと嬉しくて...私はその後のファンミの内容をほとんど覚えていません。人数が少なかったため、ホテルのパーティールームのような狭い会場で5人に歌わせて申し訳ない感じでしたが、夏とは違いメンバーも楽しそうでした。後を引き継いだ旅行社の対応も良かったし、何より、せめて何か特典をと参加者全員がメンバーの誰かと握手しサインしてもらえるという企画はファンを喜ばせました。結果的に、ファンミーティングとしてはなかなか良かったんじゃないかと私は思います。テーブルが離れてしまった友人と終了後会った時、友人たちは泣いていました。エンディのことを思うと泣けて...と。私は針が振り切ってしまったような感じになってしまい、全く涙が出ませんでした。ただただエンディが愛おしかった。
d0099076_1464246.jpg
※スタッフさんが、台を用意してくれ、そこにもたれています。
[PR]
by dimpleandy | 2012-07-22 18:01 | エンディペン's SPIRIT
「ノンストップ4」 ↓
d0099076_2182766.jpg

「プラハの恋人」 ↓
d0099076_2193252.jpg
2005年のファンミーティングを語る前に、やはりどうしてもこのドラマに触れておく必要があります。「ノンストップ4」はシチュエーションコメディ、いわゆるシットコムと言われるもので、月曜から木曜まで15分か20分間の番組です。ノンストップバンドという大学のバンドを中心に展開される軽いドタバタものなのですが、結構人気があったのか、エンディの時はすでにpart4でした。その後ミヌさんもやりましたよね。全部で250話くらいあったかなぁ?KNTVでは2話分まとめて放送されましたが、それでも毎日録画したものを編集するのが面倒で。と言うのも、今や人気者になっているスターがいっぱい学生として出演しており(特にプレイボーイ医学生役のチャン・グンソク、去年エリックと共演しエリックに大迷惑をかけたハン・イェスル、現在は海兵隊のヒョンビン)、エンディがほとんど出てこない時もあったので、そんな時はバッサリ切りました。全部を丁寧に残しておくほどの内容ではなかったのです。でも、ここでエンディが演じた、皆に勉強家と呼ばれているガリ勉君は、恋にはウブなとても可愛らしい青年で、番組の中でどんどん成長してゆきました。終盤にはイェスルさんを巡ってヒョンビンと切ない恋の三角関係を演じるまでになり、これなら普通のドラマの恋愛ものが充分出来るんじゃないか?と贔屓目線ながら私はどっぷりはまって見ていました。そんな矢先、「プラハの恋人」にキャスティングされ、一気に膨らむ期待(笑)。人気・実力共にトップクラスのチョン・ドヨンさんの主演作であり、放送前から話題沸騰の作品です。韓国のエンディペンさんたちも、ここぞと番組の掲示板に書き込みを始めました。ところが始まってみれば1時間のうち登場時間は5分くらいで、一気にテンションダウン。掲示板への書き込みもしにくくなりました。後でわかったことですが、最初エンディがキャスティングされたのはドヨンさんの弟役だったのですが、エンディはすでに20代。”高校生役とかではなくもう少し大人の役をやりたい”と申し出たため、急きょ新しい役が作られたそうです。それがドヨンさんの元カレ(キム・ミンジュン)の腹違いの弟で、財閥である父の秘書を務めるスンウという役。結局ドヨンさんの弟役はチャングンソクさんが演じました。ドラマ自体はとても面白く、視聴率も30%を超えましたが、有名実力派俳優がガッチリ脇を固める中でエンディの演技力は正直言ってまだまだ未熟でした。出番がなくても現場で役者さん達の演技をしっかり見学していたエンディにはとてもいい勉強になったと思います。
そして...無事自分の出演場面をすべて撮り終えた日の夜に、エンディは転倒して骨折しました。ファンミツアーの10日前です。
[PR]
by dimpleandy | 2012-07-21 02:25 | エンディペン's SPIRIT
ON THE ROADを再開するにあたって今までのものを読み直し、わかりやすいようにサブタイトルをつけました。
さて、2005年の秋も深まった頃、シナのコンサートを心待ちにするファンのもとに、とんでもない情報が舞い込んできました。ソウルで開催される日本人のみを対象としたファンミーティングの案内です。500人限定。なんと、料金が258000円!2泊3日のソウル旅行で、なぜそんな料金になるのか?普通の旅で何回行ける?と、ファンの怒りは爆発しました。
当時は韓流ブームが始まったばかりで、日本のオバサマたちが大挙して韓流スターに会いに行くツアーがたくさん組まれ、それはかなりの高額で、そんな状況を、古くからK-POPになじんできた人たち(例えばシナペン)は冷ややかな目で見ていました。ところが、同じようなツアーを自分たちのシナがやろうとしている…。もうその反発はすごいものでした。
しかし、私と友人達は早くから申し込んでいました。私はシナにはまる前に、韓流スターに会いに行くツアーに参加したことがあります。価値観というのは人によって様々で、高いお金を払っても、本人が納得しており、中身が充実していればそれでいいと思ったし、実際そのツアーはとても楽しいものだったから、後悔なんてまるでありませんでした。シナのツアーも確かに高かったけれど、私たちは、忙しい自分たち仲間が奇跡的にその日程だと誰もが参加出来ることで良しとしたのです。ところが、参加する人がいるからいつまでもこういうツアーがなくならないのだ、日本のファンはいくらでも出すと思われているという声が出始め(もちろんそれも一理あるけれど)、参加者がいなかったらツアーは消滅するに違いないと、ツアー不成立を望む声が日増しに強くなっていきました。おいそれと申し込めないような状況になってしまい、結局J旅行社はツアーを中止しました。
しかし、ファンミーティングが予定された日は、個人活動に忙しいシナメンが唯一6人そろえる日だったという噂もあり、ツアーを希望する人は根強く残っていて水面下で燻っていました。それを知って今度はH旅行社が名乗りをあげ、ツアーは復活しました。料金は16万くらいだったかな?ただ、少し安くなった分オプションはほとんど失われてしまいました。私たちはもちろん申し込みましたが、当初のテンションはすっかり下がってしまい、こんな、大して何もないのに結構高いままという、全く中途半端なツアーになるくらいなら、いっそ高くてもオプションがたくさんある方が良かったと正直思いました。料金が下がると同時に(ツアーの質が上がったとは思えなかったけれど)徐々に騒動は下火になり、最低催行人数(100人程度?)は確保できてツアーは決行されることになりました。
もしあのツアーが今あったらどうなんだろう?しかし、やっぱり高いな(笑)
[PR]
by dimpleandy | 2012-07-19 17:33 | エンディペン's SPIRIT

しっかり者の弟

d0099076_2445762.jpg
あえて、サングラス姿じゃない写真を(笑)。お肌つるぴかです。ランチングパーティー、シナメンは来れなかったものの、スポーツ選手やファッション業界の人を中心に大盛況だったようです。エンディさんは、格闘家とかプロのバスケット選手とか、そういうところに人脈があるようですね。
シナメンに一つずつあげたら2個欲しいと言われたので(誰に?(笑))2個ずつあげたそうです。CMに出て欲しいけどギャラが高すぎるって(爆)
d0099076_2501852.jpg
見よ!この美しい指先!
24時間電話男!
[PR]
by dimpleandy | 2012-07-18 02:53 | エンディの顔
d0099076_2304830.jpg
楽しみにしていたランチングパーティーは全く記事が出て来ず、エンディさんが一人で、ごくごく普通の格好でインタビューを受けていたので、どれくらいの人が集まったのか全くわかりません。確かにシナはやっとアジアツアーが終わったところだから、みんな色々忙しそうだしね。

で、もう一つのお楽しみが「Mnet presents 2012 SHINHWA IN JAPAN 密着特番」。もともとちゃんとしたライブ映像はDVDで見れたらいいやと思っていたので、密着の部分が多かったのは私としてはとっても嬉しかったです。やはり、つっこみどころ満載でした。シナってほんとに面白い。
これからご覧になる方がいらっしゃるのであまり詳しくは書きませんが、エンディさん部分について私なりに印象的だったこと。
まずその1.横浜で、楽屋までの通路に並ぶファンからのお花に目を止め、ANDYと飾られたえんはーとさんからのお花の前で嬉しそうに佇むエンディ。感激!メッセージカードもしっかり読んでいた。
その2.楽屋でくつろぐメンバー。エンディの膝枕でまるで旦那様のようなエリック。当たり前のようなエンディ。ずっとそのままの二人にインタビュアーが「いつも一緒ですね」と言うと、それには答えずエンディ、エリックの髪をやさしく何度もなでながら「髪、傷んでる...」と。この人たちって(笑)。それはもうどう考えても仲の良いカップルにしか見えず...。何度もリピートして見てしまいました。
その3.やはり腰。コンサート終了後、歩きながらインタビューを受けているジニの背後で壁に手をつきながら歩くエンディ。ジニの影になってよく見えなかったことが逆に良かったかも。見ている方も辛すぎる。コンサートの途中でも、舞台袖で腰のマッサージを受けるエンディ。よくあんな状態でコンサートをしましたね。ファンが心配して湿布薬をくれるので、世界中の湿布を持っていると、家にいっぱいあるから欲しかったらあげると笑っていました。
その4.体調が悪く別室で一人食事のヘソンさんを除いて、あとのメンバーはバイキング。エンディ相変わらず食べ方がめちゃくちゃ可愛い!なんだろう、この人。とうてい30過ぎには見えない「もぐもぐ」系。何年か前、苺を食べるエンディとビビンバを食べるエンディの動画が評判を呼んだことがあるのですが、あれを思い出しました。変わっとらん。エンディ社長はこの人の兄さんかも(笑)

その他、調子の悪い人に対するメンバーの接し方が、優しい中にも決してベタベタせずさりげないものであることにシナの素敵さを感じ、スタッフの末端にまでよく気の付くミヌさんに感心し、楽しくてお茶目で聡明なドンワンが元気でいてくれて良かったなぁと個人的に思った特番でした。
[PR]
by dimpleandy | 2012-07-16 01:45 | エンディの不思議

巴里祭の夜

そろそろON THE ROADの続編に取りかかろうと思っていたのですが、なにやらちょっと興味ある話題が...
d0099076_1294522.jpg

ランチングパーティーっていうから、お昼のパーティーだと思っていました(綴りが違う(笑))。でも、夜10時からですよ。いかにもセレブの匂いがぷんぷんしますが。
サングラスのショップがオープンするにあたって、有名人を招待してお披露目するという、六本木ヒルズなんかでよくやっているあれですね。で、シナはもちろん有名人だから呼ばれていると思っていたんですが、驚いたことに、このサングラスのお店はエンディプロデュース?もともとおフランス イタリアのブランドですよ。日本で代理店を探したけれどよくわかりませんでした。韓国のエンディペンさんたちが、欲しいけど高い...とか言ってました。
これですよね?だから、自分でまず宣伝してたのか...
d0099076_1413988.jpg
やー、本当なら、エンディさん凄いです。どんどん仕事の幅を広げてますね。パーティー出席予定者リストには、スーパーアイドル達の名前がきら星のごとく並んでいましたが、どうか皆さん万障繰り合わせて出席願いたいです(関係者か(笑))
で、ドレスコードがスィートカラーですって。ピンクとかぁ、オレンジとかぁ...楽しみだわん。
※しかし、今日韓国で放送された「ビタミン」という番組で、エンディさんは強烈な片頭痛にずっと悩まされているそうで、視力も落ちたし、タバコを減らそうと思うと話していたそうです。当たり前です!っていうか、まだやめてなかったのね。軍の番組でも新年の誓いで「禁煙」と言ってたのに。「減らす」じゃなくて、止めましょう。そもそも喘息の気がある人がタバコなんか吸っていてはいけません。
こんなに忙しかったらしまいに体壊しますよ。それから、電話のかけ過ぎも頭痛には良くないと思いますけど(爆)
[PR]
by dimpleandy | 2012-07-12 02:01 | エンディニュース

戦いすんで...

その昔、私が韓国エンタメ界に興味を持ち始めた頃、連日innolifeや朝鮮日報の芸能記事をむさぼり読んで(笑)、驚いたのが、韓国の芸能人の怪我や病気に関するニュースの多さでした。多分病気や怪我が特別多いというわけではなくて(交通事故は多いけれども)、それが表に出ることの多さだと思います。日本の芸能界では極力隠す傾向にありますから。
しかし、もっと驚いたのは、その病気や怪我で苦しんでいる本人が、ほとんど休まずに仕事場に復帰し、メディアもそれを讃えて、しばしば記事に「(病院からかけつけたとは思えぬ)闘魂を見せた」というような称賛のされ方でした。闘魂って...。国民性として、「無理を押してでも闘う姿」が受けるようです。そんなわけで、痛みをぎりぎりまで我慢していたジニの腰はついにぶちっと...。北京から帰る際の写真でも、Tシャツの上からコルセットをしていて驚きました。すごい数のファンにもみくちゃにされるから、格好なんて言ってられないんでしょうね。ジンちゃん汗っかきだし。
一方エンディさんのこの写真。中国サイトで見つけたのですが、どうやら打ち上げでの一コマのようです。24時間電話中(爆)のようなエンディさんの腰には、がっつりコルセットが...。かなりガチガチに巻いていますね。私もコルセットは持っているのでよくわかります。エンディさんは踊るから、しっかり固定しないとね。どんなふうに装着しているのかなといつも気になっていたので、リアルによくわかりました。それにしても、ジニもエンディも腰細いです。
エンディさん、腰痛対策どうしますかね?放っておいてはいけませんぞ。
d0099076_2283464.jpg

[PR]
by dimpleandy | 2012-07-10 02:52 | エンディのBODY

大きな成果

d0099076_211993.jpg
北京でのラストコンサートを控え、前夜に韓国メディアとの会見が行われたようです。これだけの記者が北京にまで付いて行ったわけですね。韓国に帰ってからでも出来たわけだから、さすが大物って感じです。とてもラフな感じでいいですね。会見では、今回の活動の総括や今後の予定、結婚についての思いなど、興味深い会話がなされたようです。大量の記事が上がっていまして、翻訳されたものをざっと読んでみました。一番印象に残ったのは、ミヌさんの「グループが長続きするためには、喧嘩も時には必要だがその収め方が重要で、絶対にメンバーだけで話し合うこと、もめごとを外に出してはいけない」というコメントです。要は親兄弟やら知人やらその他諸々の人たちが出て来ると話がこじれるということですね。そしてエンディさんの「メンバーひとりひとりが山もあり谷もあったが、全員で一緒に乗り越えてきた。神話があるからひとりひとりが存在する」というコメントです。そして、皆口を揃えて、今回のカムバックにはエリックの頑張りが大きかったと話していますが「今回の盛況は、4年ぶりのカムバックに対しての御祝儀的なものが含まれており、来年からが肝心」と語るエリックに、やはりこの人がリーダーで良かったと思いました。そこまで覚悟が出来ているなら、黙ってついていくしかありません。来年は私もツアーに出ようと思いますが、まず、台湾やシンガポールのチケットはどうやって取るのかしら?(笑)

d0099076_252165.jpg
そうそう、この方。試写会に現れた人と同じ人物とは思えません^^
[PR]
by dimpleandy | 2012-07-08 02:13 | エンディの顔

Andyは心のオアシス


by dimpleandy