Dimple ☆Andy

dimpleandy.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

エンディマニア 5

サインをもらって嬉しくてぼーっとしていると「次は団体写真です」とスタッフから声がかかりました。幸せな私の耳は、「だんたい」を「たんたい」と勝手に変換して聞き、えっと舞い上がりかけましたが、まさか...と思いなおしました。しかしこの時、自分と同じように「だんたい?」と聞き直した人がいたんですね。それがエンディさんです。もう私の記憶力も怪しい次元に入って来ているけれど、確かにあの時先にツーショットを匂わせてくれたのはエンディさんでした。ペンがそれを聞き逃すわけはなく(笑)、すかさずプッシュ。
さすがにそこまでやってくれるとは思っていなかったので、一気にテンションMAX。あの前後のことはちゃんと覚えていません。人数が少ないからすぐに順番が回って来て心の準備も何もなく、せっかくエンディの傍にいるのに一言も話せず、エンディの腰に手を回すので精いっぱい(おい!)。私の腕で腰に手が回ることを確認して、ああやっぱり細~いと感激してたおかげで、自分の左手は「気をつけ!」のままでした。めちゃくちゃ変(笑)

一部はこれで終了となり、二部に移る前に軽く食事。乾杯の音頭はもちろんエンディさん。ノンアルコール飲料で乾杯の後はしばしお食事&歓談。しばらくしてエンディさんがまたもや登場し、今度はデザートを取り分けてくれるということで、皆お皿を持って並びました。エンディにケーキを取り分けてもらえるなんて、なんて贅沢。喜ぶペンに「パン屋でもやろうかな?」と呟くエンディ。それはいい考え!エンディさんが飲食業を始めてくれたら絶対行く。江南のオシャレな一角に(少し高めでもいいから(爆)ベーカリーカフェを開いてほしいなぁと想像に浸っていたら、「日本で」という嬉しい一言。キュートさ満々のいでたちで、頭の中はしっかり実業家(笑)のエンディさんでした。
d0099076_1393855.jpg

[PR]
by dimpleandy | 2013-01-30 00:56 | エンディペン's SPIRIT

エンディマニア 4

さて、いよいよツアーレポも佳境に入って参りました。実は、ここから先はブログに書いていいものか散々迷ったのですが、ツイッター上ではすでに語られているし、現場で秘密厳守と言われたわけでもないので、書くことにしました。ファンミが終わった直後は「こんなことやあんなこともエンディさんはしてくれたんですよ」と漠然と匂わせる形にしようと思ったのですが、なんだか余計いやらしい感じがして、正直に書くことにします。別に悪いことじゃないし。

次のコーナーは抽選で3名にサインがもらえるというもので、色紙が用意されました。3名?!と私たちは一様に同じことを考え、エンディさんに目ですがりました。たった18人だから全員にサインしてほしい。時間的にもそんなに大してかからないと思う、と。前列にいた方が声に出して言ってくださって、みんなここぞと乗っかりました。司会のヒョンギさんが驚いて、「いや、それは...」と本気か演技かわからない感じで(爆)当惑の表情を見せていました。確かに少人数であってもサイン会以外で全員にサインしたなんていう話はあまり聞きません。エンディがどう出るか、固唾をのんで見守りました。「時間があるから大丈夫」とあっさりOKしてくれ、おまけに色紙ではなく好きなものにサインしてくれることに。ああ、ファンミの後も仕事だからとシナが急いで消えたウン年前とはえらい違いだわ^^
私はもしやと思って、ミュージカルのパンフを持って行っていました。20人前後と聞いた時、あるかもしれない...と思ったからです。語学力(&度胸)がないのでエンディに何もアピール出来ませんでしたが、生サインをもらえただけで大満足です。スマホの裏に書いてもらった人、お気に入り写真にサインしてもらった人、ファンミパスに書いてもらった人...。みんな、一生の宝物になったのではないでしょうか。
そうそう、話す度胸はなかったけれど、手はじっくり見ました。すごく綺麗で。ヒョンギさんが思わず「エンディさん綺麗な手をしてますね」と言ったくらい。「ネイルに行って来ました」とエンディ。おおっ!皆に会って手が目に触れるからとネイルに行ってきたそうです。嬉しいなぁ、そういうプロとしての志。
d0099076_14347100.jpg

[PR]
by dimpleandy | 2013-01-27 01:53 | エンディペン's SPIRIT

エンディマニア 3

改めて記すまでも無いのですが、私は韓国語が全くわかりません。コンサートなどで結構理解しているペンの方を見ると感心してしまいます。もうちょっと韓流ドラマを見ればいいのかもしれませんが、つい「相棒」を(笑)。英語は学生時代に真面目に勉強したのでハングルよりはわかります。だからカードはいつも英語です。中国語は3年間先生について勉強しましたが、使わなくなってすっかり忘れてしまいました。あらら。
そんなわけで、ハングルが皆目わからないからこそ、通訳さんの言葉を必死で聞いて記憶します。よく「まんね堂さん記憶力いいですねぇ」と言われるのですが、私が記憶しているのは翻訳された通訳さんの言葉なので、微妙なニュアンスがわかっていないかもしれません。そこのところは御容赦ください。
さて、言い訳はこのくらいにして、質問コーナーのラスト、そう質問は3つしか受けてもらえなかったのです。これは意外でした。エンディに聞いてみたいことがもっとあったのですが、他にも企画されているコーナーがありそうだったので諦めました。3つ目の質問は、これも皆が知りたかったこと、日本での活動。質問された方はソロ公演があるかどうかを一番聞きたかったのではないかと思うのですが、うまく伝わらなかったのか意識的に避けられたのか?答えはシナとしての日本活動についてでした。このあたりは一気に歯切れが悪くなります。情報が解禁されていないので「多分」という前置きを持ってこないと語れないようでした。プロモーション活動という言葉が飛び出したのでペンはすぐに食いつきましたが、そのためにどれだけ日本に滞在するか?には「一週間」という答えだったので、大したことは出来ないな(爆)と、皆悟ったはず。色々計画は出ているが、「まだサインしていないので決定ではない」と、いかにも事務所の社長さんぽいお答えでした。エンディはもう日本でソロのコンサートをやるつもりはないのかしら?とうっすら感じました。あくまで個人的な感想ですが。

質問コーナーの次は「エンディさんがあなたのリクエストに答えてくれます」コーナーで、当たった方はハグやら手つなぎを希望。過呼吸寸前の人もいました^^
私なら何をおねだりするかなぁ...ずっと顔だけ見ていたい。ダメ?(笑)
d0099076_1305457.jpg

[PR]
by dimpleandy | 2013-01-26 01:32 | エンディペン's SPIRIT

エンディマニア 2

昨日の記事、一部修正しました。女優さんの名前とか。
さて、一つ書き忘れていたことが。日本ペン向けのファンミの司会はおなじみキム・ヒョンギさんでした。ヒョンギさんはエンディさんより先に会場に顔を出したのですが、一瞬固まってしまい、「えっ、これだけ?」とマジで驚いた様子。ご本人自ら明かしたところによると、自分は結構こういうイベントに呼んでもらっており、ギャラはそこそこもらっている(決して安くない)。え~、僕は、この人数のために日本からわざわざ来たの?「これじゃ家族の集まりだよ」の一言にみな大笑い。いや、ほんと。でも、そのアットホームさが良かったんですねぇ^^
ファンミと言っても一体何をやるのか事前に何も知らなかった私たちは、もう何もしないでただただエンディと話をしようとか、質問攻めにしようとか、気楽なことを言ってました。挨拶でエンディは、毎日家で犬の世話をしたり料理をしたり洗濯したりしていて久しぶりに公の場でファンに会うので緊張する、みたいなことを言ってました。家でいることが好きだそうです。まるで主婦だとヒョンギさんに笑われていました。

さていよいよ質問コーナーの始まり。抽選箱の中からエンディが選びます。トップバッターの方の質問はエンディプロデュースのサングラスについて。流暢な韓国語で質問された内容に、ぽっかーんのエンディ。その後脱力(笑)。なんというか、彼なりにどういう質問が出るか予想して、ある程度予習して来たに違いないのですが、ソウルコンの日程をはじめとして、非常に答えにくい質問の連続を覚悟していたと思うのです。ところが、心優しき?太っ腹の日本ペンは「Redeleのサングラスが欲しい。どこで買えるか?」といういきなりの変化球。「新世界デパートかロッテデパートにコーナーがある。本店は1/24にリニューアルするので今閉じている。通販もあるし、ネットで品物が見れるから、事務所に来てくれたら商品を預けておく」と商売人全開のエンディの回答。ペンはお店に行きたいのですよ、エンディさんが写真を撮っていたお店に。それなのに、エンディさんは、事務所に取りに来てとか、誰かに預けておくとか、すっかりリラックス。これで一気にくだけた空気になりました。
次の質問に当たったのは、なんと私!びっくりしましたが、こういう機会があったら絶対聞いておきたかったことを質問しました。腰のことです。もう二度とあんな辛そうなエンディは見たくないから。ジニはちゃんと手術したのに、エンディのその後は何も聞かないから、ちゃんと治療しているのか?尋ねてみました。以下、彼の答え。「除隊の二週間前にディスク(椎間板ヘルニア)の判定を受けた。除隊後治療しつつ活動を再開したが、活動が忙しくなるにつれてどんどん悪化してしまった。チョンジンさんは手術後3週間の入院が必要だったが、自分は2カ月の入院が必要と言われ、頭を抱えてしまった。とうてい手術は無理なので、なんとか手術しないで治す方法はないか、主治医に泣きついたところ、治療法が無いわけではないと言ってくれ、こつこつ治療を続けてほぼ完治した。先生に、腰の筋肉を鍛えて強くすれば再発しにくいと言われている。但し無理は禁物」
うーん、ほぼ完治なんですね。腰に筋肉をつけるといいという話はよく聞きます。私はエンディの細腰が好きなのですが、そんなこと言ってられませんね。
d0099076_158851.jpg

[PR]
by dimpleandy | 2013-01-24 02:10 | エンディペン's SPIRIT

エンディマニア 1

昨夜はさすがに眠くて眠くて、使い物になりませんでした。不思議なツアーのニュースが挙がったりして(笑)書きたいことは山盛りですが、とりあえず日本ペンとの「濃い」一夜のご報告を。
なんと、今回のツアーは総勢18名という奇跡の人数(羽田7名、成田2名、名古屋5名、関西4名)。よくこの数で中止にならなかったなと思います。我々関西組は名古屋の方達と仁川で合流。エンディに関してはまさにコアなマニア集団。初対面なのに、いきなりエンディの話題で盛り上がる^^
松嶋菜々子風味の可愛いガイドさんとともに、いざエンディ尽しの旅へ。ホテルに着いてからファンミまで時間がたっぷりあったので、土産物の買い出しにeマートへ。
日本ペンとのファンミの会場はホテルの近く。マイクロバスですぐに到着。18:30開始のはずが早めに会場についてしまい、結局小一時間待つことに。テンションはどんどん上がるがドキドキも増えて行く。その場に居ないエンディに思い切り突っ込みをいれたりしてまったりしているうちにエンディ到着。私の予想(ジャケット、ノーネクタイ)ははずれ、セーター姿で登場したエンディ。グレーと黒のミックス毛糸で編んだざっくりしたセーターがとても似合っていました。胸板が昔よりずっとしっかりしています。パンツはスキニーに近いような黒のジーンズ。前髪も降ろして、超キュート。さすが、わかってる。
d0099076_232331.jpg
 (注:日本ペンとのファンミは撮影禁止のため画像は無し。この写真は2日目のイベント)
[PR]
by dimpleandy | 2013-01-23 02:49 | エンディペン's SPIRIT

大人のエンディ!?

d0099076_2104775.jpg
こんなに放りっぱなしではさすがに申し訳なく、やっと更新に至りました。いやもうとにかく忙しくて訳わかんない。
今更新年のご挨拶も恥ずかしいので省きます。どうか、ご容赦を。

ツアー、決定かしら?なぁんて呑気なことを言ってた頃からまだ何日もたっていないのに、年が明けたとたん振り込みやら日程表やら、あわわの日々です。ソンムルもやっと連休に購入しました。一緒に買い物につきあってくれたジニペンの友人が「大人なエンディさんにぴったりですよ」と言ってくれた、ちょっと渋めのお品です^^。兄さん達よりちょっぴり大人かもしれない(笑)エンディが喜んでくれればいいのですが。

神様、どうか、ドカ雪とかは御勘弁下さい(念のために、新しいダウンを買った。物入りだわん)。
20人足らずで囲むエンディはどんな感じなのか?今からワクワクドキドキです。
[PR]
by dimpleandy | 2013-01-16 02:22 | エンディの顔

Andyは心のオアシス


by dimpleandy