Dimple ☆Andy

dimpleandy.exblog.jp
ブログトップ

ココロに焼き付けて -2-

d0099076_1431510.jpg

泣いても笑ってもこれが最後の千秋楽はアジア各地からのファンで超満員でした。普段のコンサートよりちょっぴり年齢が高めの客席が新鮮でした。いよいよ開幕。私の席は右寄りの4列目。舞台左袖の出入りがよく見えました。一応一回見て少しは落ち着いていたつもりです。が...(笑)。冒頭、全員の紹介を兼ねた歌があり、順次登場してきます。ソニョンさんが出て来て、彼女を呼びながら元気良くカン・ジョンホが現れる、はずが...エンディさんドーンと躓いてかなり前に飛び出ました。一瞬場内がどよめきましたが、うまく歌に入りました。もう溌剌過ぎ(笑)。手をしたたかに打ったようで痛そうでしたが、大事には至らなかったようです。捻っていたら後で痛いなと心配しましたが、それもなさそうでホッと安心しました。彼は軽快に舞台を走り回りました。途中のソニョンさんとのからみでは、手作りの紙のオレンジハートをさっと取り出し場内大受け、ソニョン役のションヨンさんも吹き出す始末。前半はとてもテンポが良く、笑えるシーンもたくさんあって楽しめます。エンディさんの台詞回しはとても自然で声もよく出ていました。歌は厳しく言うとまだまだです。声量が足りない。でもね、このカン・ジョンホのソロ曲が実に歌いにくい(音程のとりにくい)曲で、OSTにはWキャストの方の歌が入っていますが、誰が歌っても難しい曲だと思いました。後半は一転して悲しいお話になり、最後はハッピーエンドとはいきませんが、でも希望を残した終わり方です。ジョンホ君はずっと片想いのままでしたが。
最終公演とあって、アンコールではオールスタンディング。出演者一人一人の挨拶がありました。Wキャストだった方たちも全員登場。とても和気藹々とした雰囲気に。エンディさんがすごく楽しそうで幸せそうで、シナとは別のまた新しい仲間を作りつつあるのだなと、そこに立ち会えただけでも行った甲斐がありました。

※追記
21日にヘソンさんが一人でこっそりやってきて、後ろの席で見てくれていたようです。韓国のエンディペンの間では、ミュージカルを2作共見てくれた彗星お兄さんは超ポイントアップ(笑)
[PR]
by dimpleandy | 2008-08-29 02:11 | エンディ’s SPIRIT

Andyは心のオアシス


by dimpleandy